『月刊まなぶ』

バックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバー

2020年9月号 
好評発売中  


「灯台」はこちら


2020年10月号(200号9月10日発売450円
「三池闘争の60年」
1960年の「三池と安保」の闘いは、今年で60年を迎えます。「もう古い」などという人もいるでしょうが、決してそうではありません。なぜならば、依然として資本主義社会が息絶え絶えでも残存しているからです。階級社会が無くなったわけではないからです。三池闘争は「階級闘争」として闘われたといいますが、まさに政治的課題としての反安保と三池が結合した政治闘争、「社会変革」を目指していたからでもあります。労働大学は「学習 反合理化 社会主義」を基調として運動を前進させてきましたが、「三池闘争」が闘った歴史を乗り越えておりません。ふたたび階級闘争の「灯」を掲げるため、三池の歴史と仲間の苦闘に学びます。

特集 コロナで悲鳴を上げる労働者」
 三池闘争60年にあたり 川野 房雄
三池闘争から学んだ労働運動 関口 正章
闘いを放棄させた平和協定締結 奥山 信義
 再び線路を赤さびに 芳賀 芳美
 三池CO闘争を現代に活かし、歴史の灯を消さない!!  矢島 利一

定期購読
年12冊 発行/5400 円(税込) 
送料71円(一冊あたり450円)
※5冊以上お取り扱いいただける場合送料無料
◎ご注文方法
以下の申込用紙にてFAXまたはE-mailでお申し込みください。
申込用紙(WordPDF

バックナンバー