『月刊まなぶ』


2018年4月号 好評発売中   バックナンバー


「灯台」はこちら


2018年4月号(172号)3月10日発売450円 
特集 高負担、低福祉を許すな

 かつて年金は60歳から支給され、それなりの金額も受け取れました。しかし、今では支給開始年齢はどんどん引き上げられる一方、支給額は減らされ続けています。

年金以外の社会保障費も、生活保護費を初め引き下げられるばかりです。じわじわと物価は上昇し、消費税の増税も目論まれています。ますます負担は増えるでしょう。  

軍事費は増え続けるのに、生きて行くための費用は減らされる、こんな社会は絶対に許せません。


特集「高負担、低福祉を許すな」
今・あらためて「大砲かバターか」の運動を         公文 昭夫
74歳年金生活                      秦  康博
遠い年金・安い年金                  大鷹 華子
社会保障はどうあるべきか                東京編集委員会

定期購読
年12冊 発行/5400 円(税込) 
送料70円(一冊あたり450円)
※5冊以上お取り扱いいただける場合送料無料
◎ご注文方法
以下の申込用紙にてFAXまたはE-mailでお申し込みください。
申込用紙(WordPDF

バックナンバー