『月刊まなぶ』

バックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバーバックナンバー

2020年3月号 好評発売中  


「灯台」はこちら


2020年3月号(195号2月10日発売450円
特集
「原発のない社会を」


東日本大震災、それに伴う原発過酷事故から9年が過ぎました。悲しいことに、多くの国民の間では原発事故への風化が進んでいる現実があります。
 しかしです、被災者にとってのこの9年は正に地獄の日々、これがいつ果てるともわからないのです。
 政府は無理矢理、被災地への帰還を促し、住宅援助も打ち切ろうとしています。そして、この原発事故に対して誰も責任をとらず、原発推進の方針は今も変わりません。
 この現状を打ち破り、未来のために原発のない社会をつくることが、我々に与えられた使命です。    
 

特集 原発のない社会を」

県内避難者の苦悩について           加藤  実
避難住宅から追い出さないで!           鴨下 祐也
必要性を増す放射線教育       西脇久美子
避難解除と住居費援助の打ち切り       関根 憲一
東電刑事裁判のあり得ない判決           武藤 類子
『相双の会』会報発行の苦闘       國分 富夫


定期購読
年12冊 発行/5400 円(税込) 
送料71円(一冊あたり450円)
※5冊以上お取り扱いいただける場合送料無料
◎ご注文方法
以下の申込用紙にてFAXまたはE-mailでお申し込みください。
申込用紙(WordPDF

バックナンバー