第20回全国交流集会

第20回全国交流集会基調1次案 花は咲く 楽譜
現地実行委員会ニュースNO2 しゃれこうべの唄 楽譜
現地実行委員会ニュースNO1 花は咲く(混声3部合唱
しゃれこうべのうた(さんたま屋)

第20回全国交流集会が水上温泉で開催されました

20回目の節目を迎えた、第20回全国交流集会が7月4日(土)~5日(日)に群馬県水上温泉で開催されました。全国から18県協207名の仲間が結集し2日間の楽しく有意義な交流が行われました。

開会集会では、最初に須藤会長から20回目の節目を迎えた今集会の意義を含めてあいさつがありました。次に、新社会党、全労協、社会主義協会、労働大学から連帯のあいさつをいただきました。その後、交流集会の基調が提起され全員で確認されました。開会集会終了後33分散会に分かれて分散会討論が行われました。

20時からは文化交流会が開催され、東京ブロック、四国ブロック、関東ブロックから寸劇の熱演が行われました。続いて、まなぶ合唱団の課題曲「花は咲く」「しゃれこうべの唄」の発表があり、締めくくりは「地底の唄」で会場は心が一つとなり大きく盛り上がりました。

翌日の全体集会は、18県協の仲間の紹介がされ、九州、近畿、四国、東京、関東各ブロック代表発言と関東から女性代表発言が行われました。その後、高原事務局長の全体集約、集会アピールの採択、全員合唱で2日間の全日程が終了しました。そして、来年開催の四国徳島県協へ斎藤清関東代表から全協旗が手渡され、須藤会長の力強い団結がんばろうで交流集会の幕を閉じました。

開会集会


まなぶ合唱団による「まなぶの仲間」の全員合唱
須藤行彦県協連会長あいさつ

来賓あいさつ 
新社会党富山副委員長
全労協金澤議長  社会主義協会宮坂運営委員

労働大学市原副学長 
分散会風景
基調提案 高原事務局長

 
文化交流会                        

文化小委員長代行挨拶


東京ブロック寸劇
「家族ぐるみの南ちゃんパート3」

四国ブロック寸劇
「仲間がいるから成長できる」
関東ブロック寸劇
「したたかに闘う労働者」
まなぶ合唱団課題曲発表 まなぶ合唱団『地底の歌』

閉会集会


九州ブロック代表発言

四国ブロック代表発言

東京ブロック代表発言

関東ブロック代表発言

女性代表発言

高原事務局長集約

関東群馬県水上から
四国徳島県偕楽園へ

第20回全国交流集会 

                             2015年3月25日(水)

第20回全国交流集会の成功に向けて

 開催要項

(1) 開催日時 2015年7月4日(土)13時~5日(日)12

(2) 開催場所 群馬県利根郡水上町小日向573

水上温泉・「水上館」 宿泊および全体会場も同館で行います。

 

(3)集会の概要

 7月4日 開会集会=1315時 水上館コンベンションホール

  分散会= 1520分~18時30分 水上館各分散会の部屋に

  夕 食= 1830分~1930分 旅館・大広間

  文化交流=20時~2130分  上記コンベンションホール

  宿 泊= 水上館の各宿泊部屋で睡眠(基本的には各部屋6名)

 7月5日 

朝 食= 6時30分~8時30分 (バイキング)

  集約集会=9時~12時     上記コンベンションホール

 

(4) 参加費  15,000円  1日参加者 2,000 

      キャンセル料については5月県代表者会議で。

 

(5)諸注意について

① 交通手段 電車の場合 上越線水上駅から送迎バス・5分で旅館に

自家用車は水上インターを降りて10分

航空券については早割を購入する準備を進めて目的意識的に取り組んでください。

  集会前の昼食は水上町の食堂はありますが途中で済ませてください。

夜の交流食材・酒等はコンビニまたは専門店があります。

各県・各ブロック交流の部屋については早めに事務局まで。

交流にかかわる部屋代は別途の支払です。(使用料金は未定)

 

(6)参加者の集約について

  前回2月の運営委員会で確認されましたが、第一次集約は5月開催の県代表者会議で行い、最終集約は、6月20日になります。それ以降の変更についてはキャンセル料が発生します。

 

(7)記念出版『全国交流集会のあゆみ』および「記念タオル」の件

今全国交流集会は第20回の記念集会になります。そのため県協連は記念出版として『全国交流集会のあゆみ』の発刊を行います。集会参加者全員には無料で当日配布いたします。集会に参加できない仲間には、1冊・300円で販売致します。

「記念タオル」は作成費として1本・1000円になります。

                                 以上


第20回全国交流会に向けて運動の積み上げを
労働大学まなぶ友の会県協連絡会議
副会長 三宅 敏之


 第189回通常国会が開催されています。積極的平和主義を推進するとして集団的自衛権の行使を実行可能とするための関連法案を提出。憲法改悪に向け自民党は憲法改正推進本部を3か月ぶりに開催、来年の参議院選挙後に改憲発議をしようと準備を進めています。また、来年4月実施をめざして「残業代ゼロ」法案提出を準備するなど安倍政権の暴走が止まりません。
 さらに「原発をベースロード電源とする」として曖昧な基準のまま原発再稼働を容認する策動をしていますが、福島第一原発2号機から高濃度の汚染水が外洋に垂れ流しされその事実を10か月も東電は隠していたことがまた明らかにされました。
 春闘も「政労資が一体となった官製春闘」などと言われ大きく様変わりしています。非正規労働者や中小企業で働く労働者の生活改善など全く考えていません。
私たちが人間らしく働き続け生き続ける条件は益々厳しくなっていますが、友の会員の仲間のみなさんは、労働組合や政党など実践の場で春闘勝利に向けた闘い、統一地方選での護憲勢力の必勝に向け奮闘されていることと思います。
 第19回県協連総会から3ヶ月が経過しました。具体的な闘いと共に県協、地区協、単位友の会では年間方針、とりわけ個人方針の確立に向けた討論がこの時期は大変重要です。具体的な方針をもとに大衆学習運動を追求し、実践の場で生かしながら中間総括の場である7月に群馬県水上で開催される第20回全国交流会に成果と課題が持ち寄れるよう運動を積み上げていきましよう。

現地実行委員会ニュース

みなかみ通信NO1



まなぶ合唱団課題曲

楽譜のPDFはこちらから
花は咲く
しゃれこうべのうた

YouTubeはこちら
花は咲く(混声3部合唱
しゃれこうべのうたカラオケ
しゃれこうべのうた(うたごえ)

しゃれこうべのうた(さんたま屋)