トップページ

今月の「扉」写真

「ナスカの地上絵(ペルー)」

撮影 寺下 幸男

今月の挿絵

画 高橋 滋


今月の表紙
oneness!! BabyPearl!!(古屋昌子)



トピックス


みんなの学習講座

『賃労働と資本』を学ぶ 

 第9回 資本の増大と賃金
 第8回 資本とは何か③

 第7回 資本とは何か②

 第6回 資本とは何か
 第5回 商品の価格は何によって決定されるか(Ⅱ)
 第4回 商品の価格は何によって決定されるか?
 第3回 商品としての労働力

第2回 労働と労働力

第1回 学習を始めるに当たって




活動

俺達は死ぬまで労働者バイ

inf2_R

故酒井菊次郎さんの妻シズエさんが永眠されました。長男の量基さんから三池友の会に寄せられた手紙を紹介します。「母が103歳で6月18日永眠し、父のところに旅立ちました。

10日前から体調を崩し見舞いに行きましたが、老衰で眠ったようにして永眠しました。生前皆さんにお世話になりましたこと母から聞いておりました。皆様によろしくお伝えください」とありました。表題の酒井菊次郎さんの格言ですが、もう一つありますので紹介します。

「俺たちは兄弟の間柄バイ」です。心よりご冥福を祈るとともに「闘い、学ぶ」仲間の言葉を再度かみしめています。

労働大学まなぶ友の会 九州ブロック

2018/08/15

新会員紹介 リニア反対運動のジャンヌダルクと肝っ玉おっ母の愛娘

inf1

「まなぶ友の会はフレンドリーですね」と言って、今年の4月に会員になった佐藤袿子さん。彼女は「リニア中央新幹線研究会」の代表をして、リニア反対運動のジャンヌダルク的存在です。今年4月の関東女性講座では、「なぜリニアを止めなければならないか?」と題して問題提起を行いました。

もう一人新会員を紹介します。山梨の肝っ玉おっ母と言えば全国のみなさんはすぐお分かりかと思います。第10回全国交流集会の関東寸劇で「肝っ玉おっ母とその家族ぐるみ」で好演して一躍人気者になった長坂みどりさんですね。でも4年前に突然の脳出血で帰らぬ人となってしまいました。その愛娘、長坂美佳さんは今年6月から友の会員になりました。しきしま友の会の学習会に参加して、お母さんのように笑顔を振りまいています。

労働大学まなぶ友の会 山梨県協議会

2018/08/15

まなぶ講演会

info2_R

兵庫県協が主催している「まなぶ講演会」は、第50次を迎え、今年も、5月9日から6月6日の間、県下11会場で開催しました。

「人間らしく働きつづけ、生きつづけるために(学習 反合理化 社会主義)」をテーマに、労働者の立場に立ったものの見方考え方を追求してきた「まなぶ講演会」は、半世紀の歴史を築き上げてきました。

この間、総評から連合へと変わり、労働運動がどんどん低迷してくる中、労働組合からの参加者は減少してきていますが、ユニオンや様々な市民運動の中からの新しい仲間の参加が増えてきています。

今年の成果と課題を話し合い、来年に生かして行きます。

労働大学まなぶ友の会  兵庫県協議会

2018/07/13

家族交流会

info1_R

4月28日、新緑の飛鳥山公園において家族交流会を開催し、連帯参加の高井豊治さんを含め大人15人子ども2人の参加で行われました。

子や孫の参加で、和やかな雰囲気になりました。3月で再雇用を終了し、電電公社、NTTに47年間務めたTさんお疲れ様です。

久しぶりのEさんは、熱烈な歓迎を受けました。仲間の高齢化で、本人や家族の病歴が出され、健康が第一となりました。

子の世代からは、親から「孫の顔見たい」と言われるが、夫婦別居状態で離婚の悩みが出されました。それぞれの思いが出された交流でした。

労働大学まなぶ友の会  東京北部県協議会

2018/07/13

労働大学第5期中央講座第5回開催される

C4484FD8-0BE2-4A6B-8D63-5FC0E9C51725

第5期中央講座は、東京晴海ほっとプラザ晴海で開催されました。テキストは「共産党宣言」序文をレポーターIさんから共産党宣言の書かれた18世紀後半から19世紀にかけての近代ヨーロッパの歴史をきめ細かく捉えながら、序文の意味を提起されました。

レポーターの発言を受けて参加者みんなで活発な討論を行い明日からの闘いに向けて知力を磨いています。

次回は、9月9日でいよいよ共産党宣言の本文に入ります。レポーターは東京ブロックです。ご期待ください。

2018/07/08
› 続きを読む