第25回全国交流集会の中止について

第25回全国交流集会の中止について
労働大学まなぶ友の会県協連絡会議 会長 須藤行彦

新型コロナウイルス拡散がいまだ収束の気配がなく拡散は長引くばかりです。そうしたことから、全国各地から、5月全国交流集会の開催の可否を早く結論を出してほしいという要請が寄せられました。そこで臨時の東京実行委員会を召集していただき、5月全国交流集会の可否について議論いただきました。東京実行委員会のご尽力には感謝しつつも、断腸の思いで中止を決定せざるを得ない、という結論に至りました。
来年は2021年5月15日~16日、関東ブロックの茨城県つくば市での開催となります。今年の分まで交流できるように今から準備を進めましょう。

第25回全国交流集会は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止を決定せざるをえませんでした。現地実行委員会はじめ、全国各地で取り組みを進めていただけに残念です。
新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり、日本も緊急事態を宣言しました。店舗・企業への休業要請、スポーツ・イベント自粛や在宅勤務、一斉休校のしわ寄せがフリーランス、パート労働者、非正規労働者を直撃しています。20春闘もコロナショックで軒並み低額回答妥結が相次ぎ、労働者の貧困化は増すばかりです。
コロナ禍は世界共通の危機です。欧米各国は巨費を投じて打撃を受けた労働者や事業者の救済にいち早く乗り出しています。ただ日本の安倍首相だけは、悪評3点セットや「国民一人10万円一律給付」への大転換など、朝令暮改の無能内閣ぶりをさらけ出しています。
国会では、「検察庁改正案」「特区改正案」「種苗改正案」「緊急事態条項」など火事場泥棒的に財界の意向だけは押し通そうとしています。
すでにコロナ失業が始まり、休業中の非正規社員は「より多くの働く人が声を上げてほしい」と休業補償を求める声を上げ始めています。私たちは、政府が求める外出自粛や休業要請は補償と一体でなければと要求します。
こうした時、労働者が頼れるのは労働組合であり、期待に応えられる頼りがいのある労働組合、活動家が求められています。何より働く仲間の命と健康が大事です。スローガンは「抵抗なくして安全なし、安全なくして労働なし」です。全国交流の場はなくなりましたが、立ち止まるわけにはいきません。
コロナ大恐慌も予想されます、大変困難な状況下ですが、第一学習会継続を軸に一歩ずつ前へ進みましょう。

2020/05/16

労働大学URL用QRコード作成しました

どうぞ、会員の皆さんにこのQRコードをお知らせしてください。

コピー自由ですので名刺に張り付けたり、チラシに張り付けたりご自由にご利用ください。

2019/08/09

石川文洋(報道写真家)さんの日本縦断の旅が放送されます。ぜひご覧ください。

石川文洋(報道写真家)さんの日本縦断の旅が放送されます。ぜひご覧ください。

日本テレビ
2019年8月18日(日) 24:55
平成ニッポンを歩く
報道カメラマン80歳 日本縦断
(西日本編)
ベトナム戦争など数々の戦場を取材してきた現役の報道カメラマン石川文洋(80)は2018年7月9日、北海道宗谷岬を出発し徒歩で日本縦断の旅に出た。11月末には旅の中間地点、東京日本橋に到着した。今回の第2弾は日本橋からゴールの沖縄那覇市に向かう様子を伝える。念願の東海道を歩き、時代は平成から令和へ。九州を経て6月、ついに生まれ故郷の沖縄に到着。石川文洋は何を感じどんな写真を撮りながら旅を続けたか-【制作:日本テレビ】
再放送
8月25日(日)11:00~ BS日テレ
8月25日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」
http://www.ntv.co.jp/document/

2019/08/06

ブエノス・アミーゴス(Buenos Amigos)-キューバ・ベネズエラ、ラテンアメリカ の参加型民主主義

ベネズエラの参加型社会主義の建設は世界的に注目を集めています。
ベネズエラボリバル共和国に於いて行われてきた民主主義と社会平和に対する攻撃は、アメリカによって執拗に行われています。
ベネズエラ国家に圧力をかけ、ゆすり、あらゆる手段を講じて多国間機関や実質的に地球上の全ての国の首都に於いて国際的システムからベネズエラを孤立させようとしています。
日本の報道は「ベネズエラ国内の混乱」として報じられ、ベネズエラ国民の民主主義と平和への闘いは正しく伝えられていません。

下記ブログを参照してください。

http://buenos-amigos.jugem.jp/?eid=101

http://buenos-amigos.jugem.jp/?eid=101

2019年6月19日掲載 (teleSUR)

 

対ベネズエラの総力を挙げた戦争は進行中であるが、ベネズエラの国民と独立と自由を保つ意思を侮った帝国主義者の攻撃は障害に突き当たり、失態に次ぐ失態、挫折に次ぐ挫折を重ねている。

ここ数カ月間ベネズエラボリバル共和国に於いて行われてきた国とベネズエラの民主主義と社会平和に対する攻撃は我らがアメリカ大陸諸国と米国、という支配的なエリート組織間の緊張関係において類をみないものであることに疑いの余地はない。ベネズエラ国民に対する従来とは異なる総力戦は複雑な歴史的衝突の今日的表現であるが、戦線や表現は様々である:

 

2019/07/12