労働大学まなぶ友の会県協連絡会議第26回総会の概要と全体集約

PDFファイル

 

第26回県協連総会の概要と全体集約

2021年11月20日

                県協連事務局長 高原 敏朗

 

 

総会の概要

20年の11月はコロナ感染拡大で、21年3月6日に延期しての第25回県協連総会でした。石塚春樹さんにサポート頂き、ズームオンライン総会でした。労働大学総会も1ヵ月延期の4月25日の開催でした。なお、5月開催を予定していた全国交流集会も中止せざるを得ない状況でした。

それでは、第26回県協連総会の概要を下記に記します。

司会進行=奥山信義副会長

議長=四役・高井豊治次長

県代・佐久間和俊東京東部県協代表

にお願いし議事を進行いただきました。

まず、高原県協連事務局長から日程説明、総会運営委を設置しないことの了承を受けていることをお諮りし、了承を得ました。

次は、須藤行彦県協連会長から「本総会の意義と課題」の提案、次に3月20日以降、今日までに亡くなられた物故会員を紹介し、心からの哀悼に意を表して黙とうを捧げました。

  • 東京南部県協・松本幸男(まつもと ゆきお)様・89歳
  • 茨城県協・飯村絹代(いいむら きぬよ)様・69歳
  • 徳島県協・紅露伸和(こうろ のぶかず)様・46歳

次は、予定されていた方々の発言者です。

九州ブロック=無し

四国ブロック=4名

香川県協

徳島県協

徳島県協

高知県協

東京ブロック=6名

東京東部県協

東京西部県協

東京南部県協

東京北部県協

東京中部県協

東京三多摩県協

関東ブロック=6名

群馬県協

茨城県協

埼玉県協

千葉県協

山梨県協

女性代表

フリー討論=3名

東京東部県協

徳島県協

山梨県協

以上、総勢、14県協19名から発言を賜りました。

皆さんの発言をお聞きして以下、全体集約とします。まず、3月20日から11月20日まで8ヵ月間、コロナウイルス感染が収束せず、今回もオンライン総会になりましたが、全国役員、県代表者、傍聴者の皆さん、本日はありがとうございました。

第1は、このズームオンライン総会の成功は、過度のコロナを恐れることなく、資本の攻撃にさらされても、負けることなく全国の友の会員が頑張ってきたことを、まず確認したいと思います。しかし、コロナ感染は完全には終息していません。健康問題を抱えている方が多いことも判明した今、コロナ感染の予防を徹底して、これからも頑張っていきましょう。ピンチをチャンスと捉えて一歩前に進むことではないかと言えます。

第2は、集まって対面の会議、第一学習会も毎月開けないところも多かったと思いますが、そうしたなかでも、『月刊まなぶ』拡大、友の会員の拡大を果たした県協、友の会もあり、改めてご尽力に心から感謝を申し上げる次第です。

それは、東京中部県協の「運動は止めない」、コロナ禍でもまなぶ講演会を「憲法と教育」のテーマで28名の参加を得られた報告、東京西部県協もコロナ禍であっても合同学習会を開き、機関紙活動に活かす、会員の信頼関係づくりに役立ってきた報告に示されたように、コロナ禍だからこそ、友の会員の信頼関係づくりが不可欠だということでした。

第3は、東京東部県協・Sさんの団結の基礎は、第一学習会をたたかいの砦と位置付ける、もうひとつは、家族ぐるみの団結強化の追求です。徳島県協三好市職労友の会のKさんを包み込む家族ぐるみの団結強化、檄布への寄せ書き、東京北部県協・Mさんの娘さんとの団結強化の報告にまなぶことができました。

第4は、集団指導体制の強化です。東京南部県協四役の団結強化、そして諸活動の強化、今年も見送りとなった全国交流集会を来年の6月香川開催・ホテルオークラ丸亀の開催の成功に向けて、今から準備しようということ、更には古典学習の強化です。四国のみんなの学習講座の連載にまなぶ県協、友の会での取り組みが広がっています。

第5は、組織と財政は一体のものだ、という提起にありますように、『月刊まなぶ』発刊、機関会議の継続のために、労働大学強化基金の取り組みを引き続きお願い致します。私の友の会でも0.5口だった方が二人、1.0口に増やしていただきました。各ブロック、関東・東京で各15口、四国10口、他でも拡大をお願いする辞第です。

第6は、なんといっても組織強化の要は『月刊まなぶ』の拡大です。友の会の年間計画に基づき、年間方針を確立し、リストアップ運動から、組織的に共同行動の展開で拡大してきた埼玉県協、山梨県協の取り組みに学び、拡大運動を展開し、文字通り「四つの課題を三つにまなぶ」大衆学習運動を強化していくが求められています。

第7、最後は、組織問題、6ブロックの統一の更なる追求です。M副会長と3ブロックのYさんが窓口となって引き続き取り組んでいただいております。

階級戦に勝ちぬくには、6ブロックの統一は欠かせない課題です。県協連は、これからも「条件をつけない」で、交流の再開をしたい、と臨んでいきます。

以上の、7点を全体の集約とします。ありがとうございました。

 

 

2021/12/05

第18回労働大学総会は須藤行彦新学長、高原敏朗新事務局長を選出し成功裏に終える

11月28日午後1時30分、第18回労働大学総会が開催されました。残念ながらコロナ禍のため今年度も前回第17回総会に続いてZOOMミーティングで行われました。総会は奥山信義さんを議長に選出し、冒頭労働大学を代表して須藤副学長の挨拶から始まりました。つづいて議案提案、決算・予算、人事案について飯田事務局長から提案され、参加者からの質疑討論が行われました。参加者は全国から39名の代表が参加し、9名の発言・質疑討論が行われたあと、全員の○サインで総会議案、決算・予算、人事案は承認されました。

新学長に選出された須藤行彦学長は、新任のあいさつで労働大学の果たす役割を述べ、唯物史観と資本論に学んでいこうと述べました。(須藤学長新任挨拶は別紙のとおり)

2021/11/29

第18回労働大学総会日程

第18回労働大学総会日程

第18回労働大学運営委員会及び総会次第
12時20分~ ズーム送信開始(操作は労大事務所)
12時30分~ ズーム受付開始
労働大学運営委員会
13時~13時05分 05分 司会者挨拶(奥山信義)
13時05~13時20 15分 総会議案及び予算決算・人事案等、提案議題の確認(事務局長)
第18回労働大学総会
13時20分~23分 3分 司会者挨拶(高井豊治事務局次長)・議長選出(奥山信義運営委員)
13時23分~25分 2分 議長挨拶
13時25分~35分 10分 労働大学挨拶(須藤行彦副学長)
13時35分~45分 10分 総会議案及び予算決算、人事案等提案(飯田事務局長)
13時45分~14時45分 60分 フリートーク(討論及び質問)
14時45分~14時50 5分 新役員等紹介(代表して岸真弓新事務局次長)
新人事・須藤行彦学長・奥山信義副学長、吉田英明・高原敏朗事務局長・
岸真弓、高井豊治、飯田邦雄事務局次長
14時50分~15時00分 10分 新労働大学学長・須藤行彦挨拶
議長解任と司会者挨拶
2021/11/25

第26回県協連総会・第18回労大総会の日程

11月に開催される第26回県協連総会・第18回労働大学総会の日程は下記の通りです。

  11 20 10時~11時00分 オンライン四役・全国運営委員会
        11時~11時30分 オンライン県代表者会議
        13時~17時 オンライン第26回全国総会
  11 28  13時~13時半 オンライン労働大学運営委員会
        13時半~15時 オンライン労働大学第18回総会
2021/10/17

『月刊まなぶ』風物詩(写真)がカラーになりました

『月刊まなぶ』風物詩(写真)が6月号からカラーになりました。今までカラーで紹介したいという写真も数多くありましたが、本誌では白黒写真のためホームページはカラーで掲載してきました。多くの読者からカラー写真の熱望がありやっと実現しました。どうぞ今後もご期待ください。

2021/06/08

『月刊まなぶ』創刊号から2021年5月号まで目次検索できます

『月刊まなぶ』創刊号から2021年5月号(第209号)まで目次からタイトルが検索できます。
こんなことはありませんか?「国鉄闘争の記事を見たいが何月号だったっけ!」「沖縄関連の記事は?」「私は何月号に書いたかしら?」そんな時には、本ホームページのバックナンバーから検索すると何年何月号かすぐわかります。

検索方法は?
トップページ『月刊まなぶ』バックナンバー→第1号からのバックナンバー

・・・設定など(画面右上隅)→検索

 

 

 

 

 

 

2021/05/08

第17回労働大学総会、開催のご案内(4月25日)

第17回労働大学総会、開催のご案内

日頃から労働大学にたいし、ご指導とご支援をいただき、ありがとうございます。

労働大学も発足後17回の総会を迎えます。ただし、今回の総会はコロナの拡大等で集会場の確保も難しく、ズームオンラインで総会の開催を行います。

その困難がある中で先輩諸氏及び仲間のご協力があり、『月刊まなぶ』は20年8月号をもって200号を迎えることができました。「巻頭言」で坂牛哲郎学長が「社会主義への道」健在 ともに祝う、という言葉が継続してきた労働大学運動の成果であったと思います。

労働大学は「学習 反合理化 社会主義」を基調とした運動を進めてきましたが、その成果を誇れるほど前進しているとは思えないのですが、労働運動、階級的な運動の後退を招いた原因が、私たち主体の不十分さが招いたとの総括をしてきました。

さて、第17回総会はそのような事情でズームで開催いたします。

*企画編集委員および労大運営委員、労働大学まなぶ友の会員の皆様にはお手数を取らせますが、ご参加いただける場合にはパソコンのメールアドレスかまたはスマホのメールアドレスを労働大学に4月22日までにご連絡ください。その際、ご発言になる原稿をA1一枚にまとめて労働大学までメールで送信をお願いいたします。ズームオンライン会議参加のご連絡いただいた皆様には、ミーティングIDおよびパスコードを設定してありますので下記致します。*なお、参加が難しい方には、文書(A4一枚に収め)でご意見をいただければ幸いです。

労働大学運営委員会・第17回労働大学総会

 開催日時  2021年4月25日(日)
労大運営委員会 13時~13時30分
第17回労大総会  13時30分~17時00分

 開催場所  労働大学事務所でオンラインを設定してあります。

2021/04/10