みなさんとの学習・交流を楽しみに

 

昨年は台風が開催当日にかけて開催現地に襲来したため、多くの参加予定者が来られませんでした。しかし、事前に現地に参集された方もおられましたので充実した交流会を開催することができました。
さて、「第16回三池友の会にまなぶ全国交流会」も目前に迫りました。現地では全国の仲間との「学習・交流」を心待ちにしています。開催日程等は既に「チラシ」でお知らせしましたが、あらためて記しておきます。
日程は、9月28~29日、場所は前年に引き続き、大牟田市の「おおむたハイツ」です。残暑もあって体調には十分に気をつけてください。

労働大学まなぶ友の会
福岡県協議会 三池友の会

2019/09/18

香川県読者大会

7月18日、18名の仲間で高松市の沖合にある大島青松園に見学交流を行いました。
この園は、全国に13ある国立ハンセン病療養所の一つです。ハンセン病に対する誤った知識、偏見、差別から、親・子・親族など大切な人との縁を断たれたまま納骨堂に眠る方は、2145名を超える状況です。現在は、53人の方(平均年齢85歳)が生活しています。
入所者の馬場さんから、20歳で入所し65年間の生活と闘病、怒りに満ちた訴えに、心が打たれました。また1時間ほどかけて園内を案内していただき、記録映画を見て、感想を出し合い交流しました。生きる喜びを…。
問題の本質は、人間として個人の尊厳が問われています。

労働大学まなぶ友の会
香川県協議会

2019/09/18

友の会代表者会議

兵庫県協では、年に3回「友の会代表者会議」を開いています。普段は県協の四役が中心になって運営を進めていますが、友の会の代表者を交えた会議を開くことによって、より細かく具体的な意見を運動に反映させていくためです。
普段の会議は、兵庫県の中心地である神戸で開いていますが、兵庫県は、北は豊岡から、西は赤穂、南は淡路まで広がっているので、地理的に参加しにくい条件があります。そこで、「友の会代表者会議」は、できるだけ各地区に赴いて開催することを考え、6月22日の第2回「友の会代表者会議」は、姫路で開催し、今、各地区で取組み中の「まなぶ講演会」の開催状況や秋の「労働大学講座」等について討論しました。

労働大学まなぶ友の会
兵庫県協議会

2019/08/06

声かけが、仲間の輪を拡げる!!

6月に第44回関東女性講座を開催しました。JALの闘争報告、再雇用でも職場に残った報告、山梨の仲間はパワハラ、不当解雇の裁判闘争をユニオンや友人の支えで闘ってきた報告をお願いしたところ、自分が報告するだけではなく、仲間にも聞いてほしいと多くの人に声をかけて一緒に参加してくれました。
また、退職祝いをしようと連絡をしたのをきっかけに20数年ぶりに女性講座に参加をしてくれた仲間もいました。果樹農家の忙しい時期で参加者が少ないのではと心配していたのですが、初めて見る顔、懐かしい顔がみんなと一緒になんでも言い合い、これからも頑張ろうと元気になった女性講座でした。

労働大学まなぶ友の会
関東ブロック女性事務局

2019/08/06

第24回全国交流集会

第24回全国交流集会が5月18日~19日にかけて高知市で開催されました。現地実行委員会では、交流集会の様子や参加者の声をニュースにして、翌日会場に届けようと計画を立てました。一日目終了後、編集記録班はボイスレコーダの音源やメモを記事に直し、写真を紙面に割り付ける作業に追われました。一面はパソコンでカラー印刷、裏面はコピー機を使い、会場に配布する200部を刷り終えたのは当日の午前7時。徹夜の作業でしたが、さいわい参加者に好評で疲れも吹き飛びました。

労働大学まなぶ友の会
高知県協議会
現地実行委員会 曽我部仁志

 


完成した『きてみいや』を掲げる曽我部さん。頑張りました。

 

2019/07/10

東京北部協家族レク

6月1日、さわやかな陽気の中、江戸時代から庶民に花見の名所として親しまれてきた北区飛鳥山公園に集まりました。宮田会長はじめ都合により欠席者が相次ぎ、いささかの不安がありましたが、南部協の仲間も駆けつけてくれ昼食交流会が始まりました。
恒例の、3分間自己紹介スピーチでは、酒の勢いも手伝って全員発言に至りません。3人のジュニア世代の参加が会場を華やかに盛り上げてくれました。

労働大学まなぶ友の会
東京北部県協議会

2019/07/10

第41回群馬県読者大会のお知らせ

今年も8月30日(金)~31日(土)の両日、群馬県松井田町「くつろぎの郷」にて県読者大会を予定しています。県読者大会は新しい読者や会員の交流の場ですが、中々新しい仲間の拡大が思うようにいかないのが現状であり、最近は会員間の交流、他県協の仲間との交流が主となっています。内容的には問題提起、各自の近況報告等になります。コテージを利用した交流会は仲間の手作りになります。バーベキューや毎年この日のためにと仲間の釣った鮎の塩焼きは絶品です。全員の歌声で毎年夜が更けるのを忘れるくらい盛り上がります。

まなぶの仲間の皆さん、是非群馬県協の仲間と交流しませんか、美味しい料理とお酒でお待ちしています。

労働大学まなぶ友の会
群馬県協議会

2019/06/17

見直しの討論と交流集会の取り組み

4月25日、三池友の会筑後班での討論と全国交流集会の取り組みが話されました。中心は「健康と生活の見直し」ですが、現職時代の過酷な労働と生活破壊の中で「蝕まれていく健康」が明らかにされています。糖尿病、そして「ガン」の発症等です。さらに、炭鉱労働者としての職業病「肺機能の低下問題」です。それでも第一学習会で見直しの討論がされてきましたから、リハビリや日常の健康管理を組織的取り組みにしています。交流集会は3名が参加することを組織として確認したところです。

労働大学まなぶ友の会
福岡県協議会 三池友の会

2019/06/17

地区協・友の会集中オルグ

兵庫県協では、毎年、12月に県協総会を開催していますが、翌年の2月から4月にかけて、「地区協・友の会集中オルグ」を実施し、県協総会で決定された方針に沿って活動がなされているか、活動が困難であるならば何が問題なのかを、各地区協、友の会の現状を直接聞きながら、それぞれの実態に応じた運動ができるよう、県協四役によるオルグ活動を行っています。
「集中オルグ」では、まず、県協総会議案書の「情勢と課題」を読合せし、次に、会員の現状、会費の集金状態、学習会の開催状況、『月刊まなぶ』の取扱い状況などを確認してから、今年度の目標として具体的に何ができるのかを皆で考え、実行に移せるよう話し合っていきます。

労働大学まなぶ友の会
兵庫県協議会

2019/06/17

県協学習会

 

県協指導体制づくりに向けた取組みの一環として、2017年1月から県協学習会を始めて、今年で3年目を迎えました。
県協学習会を進めるにあたり、学習担当者を決めて担当者会議を開催しながら計画的に実施してきました。
学習の方法は、毎月の県協四役会議開催時の『月刊まなぶ』「みんなの学習講座」を読みわせ、夏季合宿を取り入れながら、3ヵ月に一度の県協四役会議前3時間を使ったテキスト『共産党宣言』の学習をレポーター制で実施してきました。
昨年、『共産党宣言』が終了した時点で総括を行い、テキストを『空想より科学へ』に切り替えて実施しています。

労働大学まなぶ友の会
東京南部県協議会

2019/06/17