トップページ


第25回全国交流集会の中止について
労働大学まなぶ友の会
県協連絡会議 会長 須藤行彦


 新型コロナウイルス拡散がいまだ収束の気配がなく拡散は長引くばかりです。そうしたことから、全国各地から、5月全国交流集会の開催の可否を早く結論を出してほしいという要請が寄せられました。そこで臨時の東京実行委員会を先般3月27日に召集していただき、5月全国交流集会の可否について議論いただきました。結論から言えば、東京実行委員会のご尽力には感謝しつつも、断腸の思いで中止を決定せざるを得ない、という結論に至りました。
今月の「扉」写真
「大 波」 

撮影 坂尾正純

今月の挿絵

画 「長野県奈良井宿高橋 滋


今月の表紙
oneness!! BabyPearl!!(古屋昌子)




トピックス


みんなの学習講座


2020年1月号から新しく「よみがえれ労働運動」が始まりました。
ぜひ、学習会テキストに活用してください。下記をクリックすると、A4版PDFで印刷できます。

「よみがえれ労働運動」
第6回 三池の「長期抵抗・統一路線」は幸せへの道しるべ
第5回 「眠れる豚」から、最強の獅子へ変身

第4回 座談会「むずかしくってわかんねえよ」

第3回 たたかう誇りを取り戻せ
第2回 労働者は何故、闘うのか!
第1回 労働者は社会の主人公!見直そう生きる権利


活動

東京西部協学習会

3月14日、千住事務所で「西部協学習会」を行った。今まで運営委員会の一つの議題として古典の学習をしてきたが、初の試みとして学習会と切
り離し、その時間を設けた。
『共産党宣言』を取り上げたが、東京ブロックチューターの事前学習でもある。
資料は本文を大幅に要約したもの、ヨーロッパの歴史的時代背景などを福田が用意し、読み合わせた。(写真は頭を抱える参加メンバー)
時節柄、コロナウイルスの話題に脱線しがちだったが、「社会党や総評が健在だった頃、社会主義に向かっているという実感があった。もう一度、あの時のような学習会をしたい。キューバやベネズエラに連帯したい」と言った感想が聞けた。
労働大学まなぶ友の会東京西部協議会
2020/05/16

県協学習会の次回テキスト学習は 『日本における社会主義への道」を

 兵庫県協では、毎月1回、県協学習会を開いています。今年の3月で『空想より科学』(エンゲルス著)が終了し、次のテキストは『日本における社会主義への道』(山川均著)に決まりました。
県協学習会は、県協連の「総学習運動」の提起を受けて2005年から始り、県協四役を中心に、希望者ならだれでも参加出来る形で続けて来ています。最初のテキストは『社会を変える、自分を変える』(坂牛哲郎著)で、次いで『働く者の経済学入門』『国家と革命』『日本はどこへゆくのか』『21世紀宣言』をテキストにしてきました。
持ち回りのレポーター制ですが、他の参加者もできるだけ予習し、当日に質問が出せるようにしています。
労働大学まなぶ友の会
兵庫県協議会
2020/05/16

第7回東部協議会葛飾地区協総会

地区協再建から7年が経ちました。再建するに当たって、再建に努力された鈴木信子副会長(当時会長)のなみなみならない決意と全体の意思統一への奮闘がありました。
しかし、「まなぶ講演会」活動だけは地区協再建まで続けて来ました。新社会党葛飾総支部や労働諸団体との協力体制があったからと言えます。このような地域の実情もありましたが、水摩雪絵葛飾区議会議員の必勝を期した7年前が、奇しくも地区協再建の契機にもなりました。第7回総会は会長町田俊治さんのまなぶ友の会運動の強化を目指した指導で、最後は参加者全員「団結ガンバロー」で締めました。
労働大学まなぶ友の会
葛飾地区協議会
2020/05/16

第50回高知県協総会  

総会は、7友の会14名の仲間(元会員1名を含む)が参加しました。
分散会では2回目となる三日間の24時間メモを11名の仲間から提出され、お互いの仕事・生活を話し合いました。
メモに書くことによって普段余り意識していない仕事や生活について相互討論ができ、好評だったと思います。
また、転勤でまなぶ友の会運動から離れていた仲間が高知に戻ってきて総会に参加してくれました。
これからこの仲間と学習会を出来るようにしていきたいと思っています。
労働大学まなぶ友の会
高知県協議会
2020/05/16

関東ブロックはビデオ会議に挑戦中です

4月16日、緊急事態宣言は全国に拡大されました。期間は5月6日までですが、感染者数が増大している現状では、延長される可能性が高いと言われています。
私たちが中間総括の場として最も大事なイベント5月16日ー17日の全国交流集会も中止となりました。関東では女性講座も中止となり、各県協ではまなぶ講演会、第一学習会、四役会議もままなりません。
そんな中、関東ブロック幹事会でLINEを構成し近況交流する中で、LINEビデオに挑戦することになりました。まだまだ問題点は多々ありますが、仲間の元気な顔を見ながら、生の声を聴きながら、近況を聞いてみんなほっとしているところです。
都道府県をまたいで交流することが難しい今日の状況で、ネットを利用して交流する手段もありかなと思います。

 

2020/05/16
› 続きを読む